中古マンションのセキュリティ

中古マンションのセキュリティ

中古マンションのセキュリティ 中古マンションには、新築では通常ついているようなセキュリティが備わっていないこともあるので、注意が必要です。
例えば、共有玄関のオートロックや、カメラインターフォン、エレベーター内の防犯カメラ、ベランダでは柵に外からの視界を遮るプレートなどがついていない場合などがあります。
また、こういった建物の性能面だけでなく、住民の意識の問題として、敷地内駐輪場に停める自転車には建物の名前を書いたシールを貼らなければいけないなどの、個人情報に関するセキュリティが徹底されていないケースもあります。
こういったケースは、どこまで許容できるかを家族で話し合うとともに、現状では導入していなくとも今後改善する意思が居住者や管理会社にあるかの確認の必要があります。
実際に、治安のいい地区などで必要でないからついていないケースもあるので、住民の議事録や、今後の修繕計画書を見ればどういう状況かが大体把握できます。
かなり築年数の経った中古マンションでも、しっかりとした管理会社と住民との連携ができていれば、そういった記録は必ず保管されていますし、住民からのクレームの詳細や、それに対してどのような改善方法をとっているかの返答履歴まで明記されているマンションもあります。
こういった情報は、住んだあとも安心できる大きな材料になります。

中古でも意外としっかりなセキュリティ

中古でも意外としっかりなセキュリティ マンションに住むことに決めた場合には、新築マンションに住むか、中古マンションに住むかという選択をすることになります。
新築というのは、セキュリティがしっかりとしているなど、色々なことが整っていますから、何かと安心感があるものですが、金額が高いのが気になるところです。
その点、中古マンションであれば、かなり安いところもありますから住みやすいものです。そして、セキュリティに関しても意外としっかりとしていますから、生活していく上で、しっかりと安心感を得ることができるものです。
例えば、マンションのセキュリティ設備として定番とも言えるオートロックは、中古マンションであっても備わっているところが多いものです。
マンションは結構簡単に建物内に入れてしまう造りになっているものですから、オートロックがあるとないとでは、安心感には大きな違いが出るものです。
そして、防犯カメラがついているところもあります。オートロックだけだと不安が残るものですが、防犯カメラもあることで、そういった不安を取り除いたり、減らしたりすることができるでしょう。
また、機械だけの管理だけでなく、有人管理として管理人がいる中古マンションもありますから、こういった物件を選べばさらに安心につながるものです。

「中古マンション」関連のおすすめリンク

地域の不動産に密着した不動産コンサルティング会社のサイト

文京区の中古マンション